ダニエル太郎のwikiやプロフィール!戦績やプレーの特徴は?

DANIEL201402
日本テニス界のエース、錦織圭選手がデビスカップ欠場という大変ショックなニュースが入ってきました。
先週は世界4位のフェレール、5位のフェデラーを破り、いよいよ2位のジョコビッチとの準決勝を左股関節痛で棄権。

世界ランク10位以内の期待がかかっていたために残念です。
そこで、代わりに出場するのが、ダニエル太郎選手、錦織選手より3つ下の21歳の期待の星です!ご覧の通りイケメンです!どんな選手なのか調べてみました。

プロフィール

本名 Taro Charles Daniel
国籍 日本
出身地 アメリカ・ニューヨーク
居住地 スペイン・バレンシア
生年月日 1993年1月27日(21歳)
身長 190cm
体重 76kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち

日本で暮らしていたため、国籍は日本です。
身長が190cmで体重76kgというなんとも羨ましいスレンダーな体格です。

小学校低学年でテニスを始め、14歳でスペインに渡ります。
バレンシアのテニスアカデミーでめきめき腕を磨いてきました。

このアカデミーには、なんと世界5位のフェレールらも所属していました。
つまり、幼い頃からトッププレイヤーと共にコートで練習を積んできているのです。
ちなみに「英語・スペイン語・日本語」の3ヶ国語を自由に操るトライリンガルですよ!

ダニエル太郎選手、誰かに似ていると思っていたら、いました♪

image

若手俳優の林遣都さんに似てますね♪

Sponsored Link

戦績や特徴

これは、17歳の時にUSオープンのジュニアの部門で3回戦まで進出した時の映像です。

この試合について、コーチはこんな風に分析しています。

「タローのテニスはディフェンスがよいこと。それにコートで落ちついていること。
しかしレベルを上げていくには、もっとアグレッシヴにならなければ。
効果的なトランジション(攻めと守りの)のやり方を学ばなければならない。」

最後にこう結んでいます。
「タローはまだまだこれから学ぶものが沢山あって4年くらいかかるだろう」と・・・。

17歳から4年後、まさに21歳になったダニエル太郎選手にチャンスが巡ってきました。
下部ツアー参戦から3年半、

●2014年1月には全豪オープンで予選に初挑戦。

●翌月、2月のチリ・オープンでは予選を突破。
1回戦:トマス・ベルッシを 6-3, 6-3
2回戦:フェデリコ・デルボニスを 1-6, 7-6(5), 7-6(7) で破りベスト8に進出

日本で開催されるているデビスカップで、本領を発揮してほしいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes