防災ピクニックで非常食を食べよう!避難場所や防災リュックの確認も!

s-CIMG9395

『防災ピクニック』って知ってますか?

今朝のNHK「あさイチ」で初めて知りました。

小さなお子さんがいるご家庭で密かなブームになっているんですって。。。

『・・・ピクニック』なんていうと、なんだか楽しそう♪

どんなピクニックなのか、調べてみました。

 

どんなことをするの?

難しいことをするわけではないんですね。

ふつうのピクニックは、お母さんの手作りお弁当を食べますが、

『非常食』を食べるピクニックです!

なぜ非常食なの?

実際に被災して避難した場合を想像してみて下さい。

慣れない場所と普段食べたことが無い「乾パン」などの非常食を食べたら・・・

大人は、頭で理解し食べることできますが、

子供は状況を理解して我慢するってなかなかできないですよね。

実際の避難時には、「食べること」「寝ること」が重要になってきます。

特に小さいお子さんの場合、

お腹が空いて、十分な眠りが満たされない場合、グズッてどうしようもなくなりますよね~。

まず、食べること=非常食に慣れること!

非常食に適した食べ物は?

実際に子供に食べてもらって、感想を聞いてみるのが一番です。

非常食としてメジャーな『乾パン』はパサパサして、ダメなお子さんが多いんですって。

大人も苦手ですよね。

じゃあ、無理せず、リュックに入れておくリストから外せばいい!

例えば、レトルト食品は、カレーだけじゃなく丼ものや缶詰の煮物など

いろいろありますよね。

この防災ピクニックで試食してみればいいですね。

子どもって、初めてのことは拒絶する場合もあるので、

防災ピクニックを通して、楽しみながら、慣れてもらう事ができますよね^^

避難場所の確認も出来る!

自宅付近の避難場所って、分かっていても

実際に自宅から歩くとどのくらいかかるのか?

トイレの場所や「和式」か「洋式」か?

やってみないと分からないことも多いですね。

お子さんと一緒に避難場所となっている公園や学校へ「行ってみる!」「やってみる!」

実際に避難する場合に「いったことあるよね~」と言ってお子さんに安心感を与えることにもなります。

非常食のおすすめ

【楽天市場】

おなじみのレトルトカレーですが、賞味期限が5年!

【楽天市場】

飲むゼリーはあると便利ですね!

【楽天市場】

きんぴらごぼうや煮物など缶詰も種類豊富です。

【おまけ情報】

ツナ缶があると防災ランプもできちゃうんですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes