工藤阿須加がルーズベルトゲームで投手役!大学やwiki経歴をチェック

工藤1
工藤1

TBS日曜劇場「ルーズベルトゲーム」がスタートしましたね。

チーム半沢直樹のスタッフがそのまま創り上げるというので、

とても楽しみ♪

始まってビックリ!本当に半沢直樹でおなじみの俳優さんが勢ぞろい。。。

思わず、キャスト一覧を調べて見比べてしまいました^^

その中でも会社存続のため、廃部されかかる野球部のピッチャー役として、

工藤阿須加が大抜擢されています!

重厚なムードで進むストーリーで、工藤くんと広瀬アリスさんの恋の行方が

微笑ましい雰囲気で、いい感じですね♪

今回は、工藤阿須加が、デビューしてそれ程経っていませんが、

映画・ドラマともに、選ばれたいい作品ばかりに出演。

その辺を調べてみました^^


Sponsored Link

プロフィール

工藤 阿須加 (くどう あすか)

生年月日:1991年8月1日(22歳)

出生地:神奈川県

身長:180 cm

学歴:東京学館高校→東京農業大学

職業:俳優

活動期間:2012年 -

家族:工藤公康(父)工藤遥加(妹)

事務所:パパドゥ

父は西武で黄金期活躍したピッチャー・工藤公康(50)。

工藤家は5人のお子さんがいて、彼はその長男。

妹は、プロゴルファーの工藤遥加。

二女もゴルフ、三女はダンスに打ち込んでいるんですね。

工藤家の教育は?

父が講演などでよく子育てについて語っていますが、

◆9~15歳までのゴールデンエイジと呼ばれる時期にいろいろなスポーツを自由に体験する。

◆正しいタイミングで次の課題を与える。

◆挑戦に“遅すぎる”はない。

この3本柱だそうです。

その家訓どおり、工藤阿須加も、高校まではテニスに打ちこみ、

関東地区大学連合のダブルスで優勝した経験が。。。

プロに進むことも考えたそうです。

突然、俳優になろうと決め、父・公康に相談した時にも、

自分で決めたことをむやみに反対せず、応援しようと決めたんだそうです。

親と子が適度な距離感で自立している関係でお手本のようですね^^

父・工藤公康は、ご自身の生い立ちが少し複雑で、その分自分の家族を非常に大切にされています。

母もとても献身的で良くできた方。

プロ野球現役最年長を支えるために栄養士の資格まで取り、


「粗食のすすめ」を実践されてましたね。

そのお母さまの栄養管理が行き届いての、工藤阿須加のがっしりした健康的な体格なんですね。

マシーンで急速に造った体ではないですものね^^

 

これまでの出演作

<テレビドラマ>
理想の息子(2012年1月 – 3月、日本テレビ)
悪夢ちゃん(2012年10月 – 12月、日本テレビ)
大河ドラマ
八重の桜 第6話 – 第21話 (2013年、NHK) – 山本三郎 役
ショムニ2013(2013年7月 – 9月、フジテレビ) – 速水 役
ルーズヴェルト・ゲーム(2014年4月 – 、TBSテレビ) – 沖原和也役

<映画>
悪の教典(2012年、東宝) – 松本弘 役
百瀬、こっちを向いて。(2014年、スールキートス) – 宮崎瞬 役

2012年1月14日から3月17日まで日本テレビ「理想の息子」でデビュー。

2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』に主人公・新島八重の弟・山本三郎役で出演。

4月27日スタートの「ルーズベルトゲーム」第1話では、

父とは違って、右投げの投手。見事な剛速球でした^^;

野球選手だった父とのキャッチボールの経験はさほどないんだとか?!

なんと高校2年生の時に初めてキャッチボールをしたんだそうです。

無理強いさせない工藤家の教育方針らしいですね。

きっと、このドラマに関しても、口を挟まずあたたかく見守っているのでしょう。

このドラマで大ブレークしそうな予感です。

今後も注目していきたい俳優さんですね。