歯がしみる!知覚過敏って? 症状と原因は?治療は?対処法を紹介

kakigori_130723-100x150

7月25日は、「知覚過敏の日」「カキ氷の日」なんですって。知ってました?

なぜか微妙に関連していて面白いですね~。なぜ??

知覚過敏って?

知覚過敏って、歯磨き粉のCMで聞いたことありますよね。

冷たい飲み物や、アイスクリームなど食べたときに、虫歯でもないのに、

しみてズキッと痛む症状です。

私自身も、実は、知覚過敏を感じたことがあります。

歯磨きのときに、八重歯の部分に歯ブラシの毛が当たって、いたーい!って身が縮むような

鋭い痛みを感じました。

よーく見てみると、知らぬ間に、歯肉が磨耗したように減っていて、

歯の根の部分が少し見えるようになっていたんです~

知覚過敏の原因は?

しみるのは、あくまで症状で、本当の原因は、『歯の象牙質が露出』してしまうことだったんです。

歯の中心部には、神経が通っています。本来は、まわりの象牙質で囲まれ、表面には出ていないので、

冷たい食べ物で歯がしみることはないはずです。

その「象牙質」がむき出しになるため、神経が過敏になって、しみて痛くなるんですね。

大きな原因のひとつとして、「歯周病」が考えられます。

歯周病の予防には、歯磨きが肝心ですが、その歯磨きのし過ぎや、間違った歯磨き法で、

くさび状欠損といって、歯の根元の部分が削られてしまうこともあります。

歯医者さんで、歯磨き指導ってありますが、大事なんですね~。

治療や対処法は?

我慢できないほどの痛みの場合、歯医者さんのお世話になるわけですが、どういった治療になるのでしょう?

使用する薬は主なものは、「フッ化物が配合された薬」の塗布です。

薬でなく象牙質がむき出しにならないようにコーティングする方法もあります。

薬の塗布の場合、何回か塗れば効果が見られます。

身近な予防方法は?

年齢とともに歯周病が進行して、歯のトラブルにつながっていきます。

その歯周病を予防するために、実は手軽で驚きの方法があります♪

それは、ヨーグルト歯磨きです!

ヨーグルト

ヨーグルトの成分、乳酸菌が歯周菌と闘ってやっつけてくれるのです。

塗れば効くヨーグルト美人ケア―美肌づくりからデリケートな部分の手当てまで

乳酸菌の効果については、こちらも参考にしてください。
乳酸菌の効果

そういえば、最近、乳酸菌配合の歯磨きも出回っていますよ。

歯磨き粉

例えば、職場の昼食や外食で、歯磨きができないような場合、食事の最後に砂糖なしのヨーグルトを食べれば、

それだけでも、歯周病・口臭予防になって便利ですね♪

乳酸菌の威力ってすごいです。

また、追って、菌類大好きな管理人が、菌について、記事をアップいたいと思います。

お楽しみに♪

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes