第59回全国高校軟式野球選手権大会速報結果!決勝は中京と三浦学苑!

     軟式

第59回全国高校軟式野球選手権大会は準決勝が4日間に渡って、
歴史的な戦いとなりました。

その3日連続のサスペンデッドゲームも延長50回でピリオド。
勝ち進んだ中京高校が、約2時間ほど空けて、神奈川県代表の三浦学苑との決勝戦に臨みます。

テレビ中継が無いため、唯一、NHK第一の関西エリア、またはNKHFM横浜エリアでの中継が12時15分から始まります。
このサイトでは、決勝戦の模様を速報としてお伝えします。

Sponsored Link

31日 12時30分開始の決勝の速報

決勝は予定通り12:30から。
本来はトーナメント表上位のチームが1塁側に入りますが、
中京応援団の移動が困難な為、引き続き中京が3塁側、三浦学苑が1塁側での試合開始。

継続試合を終えた崇徳ナインは、ユニフォーム姿のまま3塁側スタンドに。
中京控えメンバーの後方に並び、中京の応援に加わっています。
その中には、もちろん4日間を投げ抜いたエース石岡選手の姿も・・・☆

12時30分 プレーボール!

中京の先発投手は、準決勝を投げ抜いた松井君ではなく、2年生背番号10の伊藤投手です。

◆1回表 三浦学院は三者凡退。無得点。
◆1回裏 中京は2本のヒットが出ましたが、無得点。

◆2回表 三浦学苑は三者凡退。無得点。
◆2回裏 中京は無得点。

◆3回表 三浦学苑は走者を2人出しましたが、無得点。
◆3回裏 中京は無得点。

◆4回表 三浦学苑は一死二、三塁。ここで、中京は先発の伊藤投手から松井投手に継投。
    三塁走者が捕手からのけん制に刺され、二死。
    後続も打ち取られ、無得点。
◆4回裏 中京は三者凡退。無得点。

◆5回表 三浦学苑は三者凡退。無得点。
◆5回裏 中京は走者を出すが、無得点。

グランド整備が入っています。

◆6回表 三浦学苑は走者が出たが後が続かず無得点。
◆6回裏 中京は二死からヒットで出塁すると盗塁で二塁へ進むと、暴投で三進。
     さらに暴投の間に1点を先制。

試合が動きました。内野安打、盗塁、ワイルドピッチが2つ出て、1点入りました。

◆7回表 三浦学苑は先頭打者が右前安打で出塁。
     送りバントで二塁に進めました。
     しかし、三塁盗塁失敗。惜しい好機をつぶしました。無得点。
◆7回裏 中京は無死から連打で一、二塁。
     送りバントで一死二、三塁とすると、投ゴロの間に1点。2ー0

◆8回表 三浦学苑は三者三振。中京2ー0三浦学苑。
◆8回裏 中京は2アウトから四球で走者が出るが無得点。中京2ー0三浦学苑。

◆9回表 三浦学苑 三者連続三振で試合終了。
◆9回裏 

試合終了!
東海地区代表・中京、2年ぶり7回目の全国制覇です。

優勝した中京高校の校歌が響き渡っています。
歌い終えた中京高校の選手たちが応援席へ挨拶へ。
エース松井選手が泣いています。監督も泣いています。

中京高校の監督インタビュー

優勝した中京高校の平中監督は、涙で言葉が出ません。
「大好きな野球をこんなに長いことやらせていただけたことに喜びを感じます。
正直、エースの松井をこんなに投げさせていいものか毎日葛藤でした。
と涙で言葉を詰まらせた。

松井選手のインタビュー

松井投手は、
「昨日から苦しい試合が続いてきたが、みんなで平中先生を胴上げしたいという
気持ちでやってきました。」
1000球を超えた事に、
「仲間を信じて投げていました」
最後に、
「軟式野球の試合のためにこんなに多くの応援の皆さまがいらしてありがとうございました。」
非常に落ち着いた立派なあいさつでした。

全投球数は1047球だった。

表彰式の様子です。

   スクリーンショット (300)

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes