【ためしてガッテン】ニオイ玉(膿栓)がヤバイ!症状や原因は?予防と対策も!

ニオイ玉

Sponsored Link

秋の深まりと共に、注意しなければいけないのが、乾燥による喉の痛み。

寝起きに喉がイガイガしてると、うわっ、風邪ひいた?と憂うつになりますよね~。

そんな喉の奥にひそむ「ニオイ玉(膿栓)」が、今夜のためしてガッテンで取り上げられます。

私は、初めて聞いた名前なのですが、

健康に詳しい方々の間では、すでに話題のワードなのですね!?

「くさい玉」「臭い玉」とも書き、口臭や肌荒れ、肩こりなどの

症状をも引き起こすとのこと・・・

思わず、自分の喉をのぞき込んでしまいましたw

どんな原因でできるのか、予防や対策を調査していきます。

        首

ニオイ玉の原因は?

のどの奥にある扁桃の表面には小さな穴があり、そこにリンパ球や白血球、

最近塊や食べかすなどが溜まってできたのがこの白い玉。

        ニオイ玉

食べかすもたまっちゃうなんて、防ぎようがないですよね!?

私は、白い玉が飛び出た経験がないのですが、知らず知らずに飲み込んでいたようです・・・。

また、冬は乾燥しているため、ほこりや細菌も付きやすいんですって。

のどの調子が悪いなぁと感じたら、よーく喉の奥をチェックしてみてください。

予防や対策は?

どうしても出来てしまう「ニオイ玉」

潰すと臭いので、口臭の原因にもなる。

なんとしても予防したいです!

発見したら、綿棒で掻きだしたくなりますが、

予防になるのが「うがい」!

・ぬるま湯でうがい

・紅茶や緑茶でうがい

・耳かきを使って取る

・膿栓は自分で取らない方が良い

特に緑茶でうがいすれば、カテキンの殺菌効果もあり良いようです。

今夜のためしてガッテンでは、どんな驚きの予防法が紹介されるのか・・・。

番組終了後にその秘訣を追記していと思います!

【追記】

番組内の解説で分かったことは・・・。

ニオイ玉自体は、死んだ細胞。
喉から侵入しようとする細菌と戦った後の残骸だというのです。

えっ?そうなるとニオイ玉自体は悪者ではない?
喉の門番、扁桃では、外から入りこもうとする細菌と
免疫であるT細胞が戦うのですが、この戦闘が長引くと、
T細胞が間違った指令をだすようになるんだそう!?

なんだか不思議な現象ですね^^;
自分の身体を守っていたはずの免疫細胞のT細胞が
今度は、自分の身体を攻撃する犯人に姿をかえるという!

となると、ニオイ玉を病原とするのではなく、
戦場となる扁桃の機能を疲れないように守ってあげる事が
大事なようですね^^

番組では、慢性扁桃炎を予防するために、炎症を抑える薬や
うがいをおすすめしていました!

前述したような、先人の知恵を生かした、お茶うがいなどを
習慣づけるといいですね♪