フィギュアGPカナダ大会 男子/女子SP FS滑走順・日程・放送時間・結果

        GP

フィギュアスケートのファンにとっては、

とても楽しみなグランプリシリーズ。

第1戦目のアメリカ大会では、町田樹選手が

ショートプログラム、フリーの演技まで見事な演技で

優勝しました。

女子も、シニア参戦のロシアのエレーナ選手がフリーで逆転優勝。

ロシアの層の厚さを見せつけられましたね♪

さて、第2戦はカナダ大会。

出場選手や滑走順、TV放送予定などまとめています。

ご参考になさってください!

Sponsored Link

今回のカナダ大会には、男子は小塚崇彦(トヨタ自動車)、

無良崇人(HIROTA)、女子では会場のリンクは初という

宮原知子(大阪・関大高)が登場します。

地元のヒーローでもあるソチ五輪銀メダルの

パトリック・チャンは、今シーズンはお休みです。

アメリカ大会で優勝した町田選手に続けと、小塚選手もがんばってほしいですね^^

こちらは、公式練習に臨んだ小塚選手の動画です。

宮原選手の公式練習の様子はコチラです。

テレビ放送のスケジュール

2014年11月1日(土)深夜2時45分~ 
2014年11月2日(日)深夜0時45分~

放送テレビ局:テレビ朝日(地上波)

出場選手

【男子シングル】

小塚崇彦(日本)
無良崇人(日本)
コンスタンチン・メンショフ(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
マックス・アーロン(アメリカ)
スティーブン・キャリエール(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)
エラッジ・バルデ(カナダ)
リアム・フィルス(カナダ)
ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
ミハル・ブジェジナ(ブレジナ)(チェコ)
フローラン・アモディオ(フランス)

【女子シングル】

本郷理華(日本)
宮原知子(日本)
キム・ヘジン(金海珍)(韓国)
アリョーナ・レオノワ(ロシア)
アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
ヴィクトリア・ヘルゲソン(スウェーデン)
コートニー・ヒックス(アメリカ)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)
ブルックリー・ハン(オーストラリア)
アレイン・チャートランド(カナダ)
ヴェロニク・マレ(カナダ)
ジュリアン・セガン(カナダ)

滑走順

<男子SP 滑走順>

スクリーンショット (381)

<女子SP 滑走順>

スクリーンショット (382)

各選手の公式練習の様子

競技前の各出場選手の公式練習の様子などは、

こちらのライブストリーミングで視聴することが出来ますよ☆

2014 Skate Canada International Practice 公式練習はコチラ!

男子SP/女子SP 結果

男子ショートプログラムの結果は、

1位はフェルナンデス選手、2位に無良崇人選手、

3位にロシアのコンスタンチン・メンショフ選手、

そして、小塚崇彦選手は6位という結果です。

スクリーンショット (383)

女子ショートプログラムの結果は、

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手はトップ、

2位はアメリカのアシュリー・ワグナー選手。

宮原知子選手が4位、続く本郷理華選手が5位につけています。

スクリーンショット (384)

こちらが首位のアンナ・ポゴリラヤ選手の演技です。

男子の結果

ショートプログラムで2位の無良崇人選手が、

同じくSPトップだったハビエル・フェルナンデス選手をフリーの演技で超え、

見事、優勝です。プログラムは「オペラ座の怪人」堂々たる演技で落ち着いていましたね^^

これで、GPファイナルの男子は、ますます楽しみになってきました。

スクリーンショット (385)

女子の結果

優勝は、総得点191.81でロシアのアンナポゴリラヤ選手が逃げ切った。

続く2位がアメリカのアシュリーワグナー選手。

そして、3位にフリーの演技で順位を上げた宮原知子選手が

グランプリシリーズで初の表彰台に!

スクリーンショット (386)

そのフリーの動画がこちらです♪

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes