赤ビーツでピンクカレーが作れる!?レシピや作り方を紹介!

ビーツ

        ピンクカレー1

今年の夏、ピンクカレーが話題になったこと覚えていますか?

驚きのカレーを発売したのは、鳥取県内でエステサロンや飲食店などを経営する「ブリリアントアソシエイツ(株)」でした。

カレーの名も「華貴婦人のピンク華麗(はなきふじんの ピンクカレー)」(笑)

まるでベルばらの世界で高貴な印象ですよね♪

新しもの好きな筆者は、どうやったらピンクカレー作れるのか、ずっと気になっておりました。

今朝のNHKニュースで「赤いビーツ」が紹介されたのです。

これでピンクカレー作れそう♪

・・・ということで、早速、レシピや作り方を考えてみましたのでご紹介します~。

Sponsored Link

        ピンクカレー

ピンクカレーをよーく観察すると、

こんな色なんですね。まるで絵の具のよう!

キレイなピンク色で濁りがないですね。

となると、ベースのカレーは、真っ白でなければいけません。

まずは、ホワイトカレーを作るってことです。

ここで、COOKPADに助けてもらいましょう♪

ホワイトカレーの作り方

Cpicon 簡単!ホワイトカレー by コゲコゲパン

<作り方>

材料 (2人分)

大根約100g
冷凍エビ約100g
玉ねぎ1個
バター(マーガリン)30g
しょうがチューブ1かけ
にんにくチューブ1かけ
しめじ1/2株
カレー粉小さじ2
小麦粉大さじ2
牛乳(豆乳)300-400ml
鶏がらスープの素大さじ1弱

1
大根はいちょう切り、玉ねぎはくし切りにする。
しめじも石づきを切り落とす。
冷凍エビは解凍して洗っておく。

2
フライパンに弱火でバターを溶かして、にんにくとしょうがチューブを入れたら、タマネギを投入してしんなりするまで炒める。

3
大根も軽く炒める。カレー粉と小麦粉を入れ、粉っぽさが無くなるまで炒める。
その後牛乳とガラスープの素を入れる。

4
強火で10分ほど煮込み、エビとしめじを加えてあと5分煮込む。

このホワイトカレー、そのままでも美味しそうですね♪

大根を入れるのもポイント。カブでも良さそうですね。

辛みはカレー粉で出しています。

マイルドなカレーになりそうです。

このカレーに、赤ビーツの缶詰をミキサーでペースト状にして

加え、少し煮込んで出来上がり♪

ビーツとは?

ここでビーツについて、ちょっとうんちく・・・。

ビーツ       

ビーツは、ロシア料理のボルシチでおなじみですね。

「飲む輸血」と言われているんですって。

鉄分やカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、リンなど

栄養豊富で、特に貧血や高血圧で悩む人にはとってもいいんだそう。

寒さ厳しくなるこれからの季節、積極的に取り入れたい野菜ですね。

番組で紹介されたピンクカレーのレシピ!

★ピンクカレー

【材料】
たまねぎ×200g1個  しょうが×30g  小麦粉×大1  牛乳×2カップ
赤ビーツ×20g  ガラムマサラ×4g  鶏胸肉100g  塩×小1
酢×小2  サラダ油×大1  ご飯×適宜

【作り方】

1・フライパン(鍋)で、たまねぎ、しょうがをみじん切りにして
  サラダ油を炒める。
2・小麦粉を入れ、軽く炒める。牛乳を入れて中火で一煮立ちさせる。
3・赤ビーツをすりおろして、入れる。  
4・塩、ガラムマサラを入れ、一口大に切った鶏肉を入れて火を通す。
5・最後に酢を入れて火を通す。

食べた直後は赤ビーツの甘みが・・・。

後からガラムマサラやしょうがのさわやかな辛味がじわじわ。

マイルドでさわやかなカレーです。

見た目にも楽しい赤ビーツ、トライしてみてはいかがでしょう!

家族のビックリする顔が楽しみですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Comments links could be nofollow free.