石黒浩(マツコロイド製作)の顔がロボット!?かつら疑惑も気になる!

        石黒浩1

マツコ・デラックス極似のロボット『マツコロイド』が

いよいよテレビ初登場です!

日テレの年末番組『マツコとマツコ【禁断のマツコロイド解禁!TV史上初のアンドロイドバラエティー】』で

お披露目されました~。

こんなロボット作ってしまうなんて、科学者ってやっぱりスゴっ!

そのマツコロイドを制作した大阪大学の石黒浩先生なのですが・・・。

実は、ずっと気になって仕方がなかったのです♪

ロボットの事ばかり考えていたら、ご本人のお顔までロボットチックになってしまわれたのでしょうか?

偉大な先生に対して、失礼な発言をお許しください^^;

でも、気になりません?

ということで、今回は石黒浩先生にアナザースカイです♪

Sponsored Link

プロフィール

石黒 浩(いしぐろ ひろし)

・生年月日 1963年10月23日

・出身地 滋賀県出身

・出身校 滋賀県立高島高等学校⇒山梨大学工学部計算機科学科卒業

大学卒業後は大阪大学大学院へ。その後、阪大の助手を経て、

京都大学大学院工学研究科情報工学専攻助教授へ。

石黒先生、風貌が個性的で一度見たら、なかなか忘れないお方ですね^^

先生ご自身が、ロボット?なんて思っていたら・・・

なんと、先生はすでに自分自身のロボットもお作りになられていましたw

        石黒浩2

ひえぇ~、似すぎじゃないですか~!?

ご自身のアンドロイドを制作するにあたって、ロボット用のかつらなのか

あまりにも似すぎて判断が付かなくなったのではないでしょうかねw

先生が最初に作ったロボットが子どものアンドロイド「Replee R1」。

これをお披露目すると、驚きと共に怖がられてしまったそうなんです。

それがきっかけで、より人間に近く、しかも動きも近い存在の追及が始まった・・・。

アンドロイド「ミナミ」は、大阪・ミナミの高島屋大阪店で店頭で実際に看板娘として

販売に携わったロボット。

そして・・・

今回のマツコロイド!マツコ本人とどういったやりとりをするのか注目ですね^^

Sponsored Link

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes